AREDS & AREDS-2とは

●AREDS
1992~2006年に、AREDS(エイレッズAge-Related Eye Disease Study)と呼ばれる加齢黄斑変性症(AMD)や白内障などの加齢性眼疾患の大規模な研究が、アメリカ国立眼研究所で行われ、高用量の抗酸化物質と亜鉛の加齢性眼疾患に対する臨床的有用性が示されました。
55歳~80歳の加齢黄斑性変性症(AMD)患者3600名に抗酸化作用のある栄養素(ビタミンC 500㎎、ビタミンE 268㎎、βカロテン 15㎎)と亜鉛(80㎎)、銅(2mg)を摂取させたところ、抗酸化栄養素と亜鉛、銅を摂取したグループは、そうでないグループに比べ初期患者の 5年後の後期患者への進行が25%減りました。
また、失明率も19%低くなったことも報告されました。
しかしながら、加齢黄斑変性症を伴わない加齢性白内障患者1000名に抗酸化作用のある栄養素(AMDと同じもの)を摂取させても、症状の進行抑制や回復には繋がらないことも示されました。
アメリカではAREDSの結果を反映させた眼疾患用サプリメントが広く販売されています。

●AREDS-2
AREDSに続いてAREDS-2と呼ばれる研究が実施され、2012年末に完了しました。
AREDS-2は、強力な抗酸化物質と期待されるルテインとゼアキサンチン、オメガ3系脂肪酸(EPA、DHA)の有効性を調べる研究です。
この研究は、臨床的有効性を後押しする有力な研究になり得ると、多くの関係者が注目していましたが、ルテイン・ゼアキサンチンの位置づけが裏付けられる結果となりました。


加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい、英: Age-related Macular Degeneration、AMD)とは、加齢に伴い眼の網膜にある黄斑部が変性を起こす疾患であり、失明の原因ともなっています。高齢者に増加しており、アメリカでは中途失明原因の第1位となっています。男性の方が女性に比べ、3倍多いのもAMDの特徴です。発生要因としては加齢、喫煙、高血圧、遺伝子、酸化ストレスなどがあげられています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>